乾燥肌にラップワザ

乾燥している部分にアレンジをかけてみる

肘のぶつぶつだけでなく、乾燥肌の人は顔やクビ、胸や背中などいろんな場所に起こると言われています。
季節なんかも関係するために、毎日のように心がけておきたいもの。

 

とことん完走した肌は、そのままにしておくことで、どんどん症状が悪化してしまうために、改善が必要です。たしかに、私が悩んでいた肘の部分は、服などで隠すことはできますが、顔やクビ、手などは隠す言葉渦香椎ために、しっかりとしたケアが大事。

 

そんなとき、シートパックの上にラッップを乗せ、パックの水分をうまく利用し蒸発させるというちょっとした工夫を行う人がいるそうです。

 

私も聞いたことはあったのですが、実際やったことはありませんでした。
ようは、ラップでシートの表面を潤わせるという感じ。肌の表面は完全に切断される、すると逃げ道を失った水分は下に潜っていくしか無い、そのため、秦野より奥深いところまで水分が浸透して、そのままシートパックを使った時より保湿効果が格段にアップするということになる。

 

あと、シートパックをした後にクリームやジェルを塗るとより効き目が高まるためにオススメ。っというよりも、クリームなどを塗らないと浸透性が無いために、より乾燥肌を改善することが期待できなくなるそうです。